お子さんの性格は?

塾にするか、家庭教師にするか、これは大きなポイントです。保護者の皆さんは周りの情報を聞き、こっちの塾がいいらしい、あっちの塾がすごいらしい、いや、家庭教師の方が細かく指導してくれるなど、出来る限りお子さんの受験にいい指導方法を模索するでしょう。でもちょっと待ってください。その前に、お子さんの性格をしっかり見極めてほしいのです。

お子さんが積極的な性格で人の前に出ても物怖じしない子なら、進学塾でもわからないことがあれば堂々と質問できるでしょう。でも消極的な性格のお子さんはわからないことがあっても塾の指導中に手をあげて質問する事ができませんし、人見知りのお子さんなら指導が終わってからも質問する事ができずそのままになってしまいます。

こうしたお子さんの場合、個別指導塾なども考慮できますが、いつもとは違う場所になれることがなかなかできないお子さんは、一番リラックスできる自宅で指導してもらうことができる家庭教師の方が向いています。

評判のいい塾や中学受験の合格率が高い塾に惹かれる気持ちもわかりますが、お子さんの心、気持ちを理解せずに指導方法を決定してしまうのは間違いです。お子さんが最も適していると思える中学受験の指導を行う方法を選ぶ事が一番重要です。