なぜ家庭教師が必要なのか

中学受験の為に家庭教師を依頼したい、という事のほかに、どうして家庭教師が必要と考えるのか、これは、お子さんによって違いがあるでしょう。

例えばお子さんの学力が著しく低下していて、中学受験を考えているのに困った状態になってしまったという場合や、苦手科目があるという場合、また中学受験でもかなりの難関校に受験したいと思っている場合など、家庭教師を依頼する理由は家庭によって様々です。

中学受験を考え家庭教師などを依頼する場合、多くは小学校高学年、5年生、6年生くらいの年代です。このくらいの年代になると、教科によって得意不得意が顕著になります。得意科目はよく勉強しますが、苦手科目はわからないから勉強したくないというのが一般的で、得意科目はドンドン成績が上がりますが、不得意な科目はドンドン成績が落ちる一方となってしまいます。

中学受験にもレベルがあり、超難関校と呼ばれる学校があります。難関校を目指すお子さんはより高いレベルの学力をつける必要がありますし、中学受験の入試問題はかなり難しいのに加え、さらに難関校は難題が出題される傾向にありますので、独学だけでは合格が難しいといわれています。そのため、お子さんの学力を向上できる特化した指導が必要となります。

家庭教師が必要な理由はたくさんありますが、何よりお子さんにとって大切な中学受験を乗り越えるための指導です。経験があり有能な家庭教師を選ぶ必要があります。