教材販売タイプの家庭教師

家庭教師にも色々な種類があります。派遣会社によってその種類が分れますが、教材販売タイプの家庭教師も今、利用者が多くなっています。

教材販売タイプでは、まず最初の契約時に、1年から複数年分の教材を購入します。この教材を利用して家庭教師の先生に指導を受けるのですが、指導に関しては家庭教師に直接支払いをしていきます。つまり、家庭教師が利用する、生徒が指導を受ける教材を購入してから指導を受けるというタイプです。

教材販売タイプは業者サポートがあるはずなのですが、実は問題が多いところも多く、こうした教材販売タイプの家庭教師を依頼する場合、教材販売と家庭教師センターが契約をしっかり行っているところに依頼する事が必要です。ただ費用的に、教材についての高い費用と、家庭教師に直接支払いする費用が発生するので、かなり費用がかかると考えておく方が無難です。

サポートを受けられないといった苦情なども寄せられることが多いと聞くので、口コミや掲示板などをよく確認し、信頼のおけるところで契約すること、また契約の際、教材代金の返金率などはどうなっているのか、しっかり確認されてから納得の上で、利用を考えていく方がいいでしょう。実際に、家庭教師は別途依頼という場合、この教材を利用して指導する方は少ないとも言われています。