担当は一人なのかどうか

家庭教師を依頼するのはなぜか?というと、お子さんが消極的な性格、また苦手科目がある、中学受験を控えているのに一向に成績が上がっていかないなどの学習面の問題を打開するために依頼される方がほとんどでしょう。特に家庭教師を選択される保護者の方は、お子さんの気が小さく、質問したいことも質問できずにわからないまま終わってしまうところをなんとかしたいと思っている方が多いです。

家庭教師を依頼する時、絶対に確かめておいてほしいことがあります。それは、担当者が一人なのかどうかという点です。今日はこっちの先生、今日はあっちの先生では、消極的で人見知りだから家庭教師にしたのに、毎回違う先生で緊張しっぱなし、という状態に陥ってしまいます。これではお子さんの為になりません。

書面上、契約や説明する担当者、面接する担当者など色々な担当が分かれているのではどうしようもありません。中には成績についての相談担当、指導担当など、一緒でなければ意味がないところも担当制になっていることがあります。そうではなく、一貫して一人の先生が担当してくれる家庭教師を選ぶべきです。お子さんの性格を読み取って家庭教師にしているのに、家庭教師側のやり方が違うのでは意味がありません。1生徒に1担当指導者という家庭教師企業を選択すべきでしょう。