家庭教師依頼の流れ

家庭教師の依頼については、各家庭教師派遣サイトや企業によって違いがありますが、一般的な流れをご紹介しておきましょう。

まず、家庭教師企業の資料請求を行い、いくつか内容を比較してみます。インターネット等でその家庭教師企業の評判を確認します。方法について、また確認してみてここはいいかも?と思ったら、担当者と電話で話をしてみます。気になった家庭教師企業いくつかに電話し、同じ質問をしてみましょう。

その中で、この家庭教師企業がいいなと思うところがあれば実際に担当者の方に体験授業をしてみたいと申し出します。体験授業を行いに担当者が来ますので、体験授業を実際にお子さんが受けてみて、その上でここなら安心と思えるようなら契約の話に移ります。

面倒でも契約書は必ず目をしっかり通す事、その場で契約書にサインするのではなく、じっくり読んで納得の上でサインし、担当者に渡しましょう。その後契約が済むと、そのお子さんの性格などをよく考慮しながら担当教師が決定し、授業の開始となります。

担当者と電話で話をして、その場で即決するのはよくありません。資料を見直してしっかり考えて、夫やそのほか友人等の意見も聞いてみて決めるようにすると独りよがりの決定にならず安心です。費用のかかるものですから、慎重に選択しましょう。