家庭教師を個人契約する

家庭教師は派遣会社から利用する場合と個人契約があります。昔から家庭教師というと知り合いの学生に依頼したり、親類で有名大学に在学している学生に依頼するなどがあります。この場合、個人契約という形になりますが、このほかに最近は紹介制で個人契約ができる家庭教師がいます。

家庭教師の個人契約を斡旋するサイトに依頼し、紹介料を支払い家庭教師を紹介してもらえるところもありますし、無料で紹介してくれるところもあり、いずれにしても個人契約となるため、家庭教師派遣会社に依頼するよりも費用が安く済むという利点があります。

しかし個人契約で家庭教師を依頼する際には、保護者が、家庭教師を依頼する学生の資質、指導力を見極めなくてはならないという事もあり、なかなかいい先生に巡り合えないということもあります。依頼した家庭教師の指導でお子さんの学力が上がらない、到底中学受験など無理な状態という事なら、他の家庭教師を探すことが必要となるため、面倒な場合も多いです。

保護者から見てこの学生さんなら指導もしっかり行ってくれそうだし、子供もリラックスして指導を受けられるという確信があればいいのですが、やはり見極めというのは難しいので、家庭教師派遣サイトを利用するという保護者が多いのが現実です。