苦手科目がある子

苦手科目がある子供も多いです。公立の中学校に行くのなら苦手科目があっても、徐々に攻略していけばいいのですが、中学受験を控えている小学校5年生、6年生では、苦手科目が大きなネックとなります。

中学受験は今、4教科で行われるところが多くなっています。以前は2教科というところが多かったのですが、最近は一般的に、国語、算数、理科、社会という4教科です。難関校の中にはこれに加えて英語がプラスされることもあります。苦手科目があるという事は、その科目で全体点数を下げてしまう事になります。

中学受験では算数など、小学校で学習する事のない問題が出題されることが通常です。そのため、苦手科目をなくし少しでも問題を解ける力を付けておくことが必要となるのです。苦手科目があるお子さんは、家庭教師を利用しその科目を集中的に学習し、受験までに苦手ではない状態にしていくことが合格に近づける学習となります。

家庭教師は苦手科目に集中させる指導ができます。わからなくなったところから集中的に学習させ、他の科目同様のレベルにあげていく指導ができます。お子さんがどこから苦手になったのか、その問題を引き出せるのも、1対1、リラックスできる家庭での指導です。