大人が思うより難解です

家庭教師や塾などを利用しなくても大丈夫、中学受験なんてしなくても別にいいじゃないという保護者もいれば、家庭教師や塾などを小学校から利用して、勉強するリズムを作りたい、中学受験を体験させて高校や大学受験へのリスクを減らしてあげたいと考える保護者もいます。

一つ、言えることがあります。それは、現代の勉強というのはゆとり教育とは違い、大人が思うよりも難解になっているということです。公立の小中学校はいまだに土日休みのところがほとんどですが、私立小中学校では土曜日に授業を行う所も出てきています。実は、学力の差が激しくなっているのが現代なのです。

そのため、高校受験や大学受験になってから焦って勉強させるよりも、中学受験である程度のレベルに持ち上げておき、学力が上位の状態にしてあげることが親の務めと考える方もいます。小学校くらいの年代は、親の言う事を聞く年代です。親の意見がまかり通る年代で、学力の質を上げ、将来自分の進路を決定する際に困らないようにしてあげることも、親の務めと考えられます。

中学受験は大人が思うよりもより難解になっています。学校の授業だけでは到底追いつけない難解な世界となっていますので、保護者はサポートできることを見つけ、お子さんの背中を押せる体制を整えておくことが重要と考えられます。